滞納と支払い遅延 家賃滞納@不動産投資|未回収家賃

滞納と支払い遅延

家賃の滞納なのか、支払いの遅延なのか、これらの見極めも大切ですね。家賃を支払う気がってもうっかり忘れていた!という場合も少なくない。

他にも家賃の滞納には「支払う能力はあるのだが、支払う意思がない」といったものや、逆の支払う意思はあっても支払う能力がないというものもある。いずれもやっかいな問題である。

今後その入居者がうっかりで支払いを遅延させたのか、所得の問題から家賃の支払いを遅延させたのか、できれば知っておくといいですね。

単なるうっかりで支払いを忘れていた入居者に、督促をかけると嫌がられますし、貸主の印象も悪くなり、退去される可能性もあります。

一方、支払い能力にかげりが見える入居者に対しては、傷口が広くなる前に督促など定期的に督促をかけていくことも必要です。

最近では定期借家などの契約でリスクを分散させる方法や家賃保証などでリスクを回避する方法などもありますが、まずは自分で解決する方法も見つけ出しておきましょう。

最近では家賃の滞納分を保証金からカバーするような契約をしている内容のものも少なくなりました。

礼金扱いで、家賃を滞納されたら大変になるという場合も多いです。

入居率を高めるために保証金をやめて礼金扱いにしている家主さんはリスクを充分に考えておきましょう。
タグ:支払い遅延
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。