督促するのも回収するのも一大事 家賃滞納@不動産投資|未回収家賃

督促するのも回収するのも一大事

督促するのも回収するのも一大事

家賃の滞納が始まると、「家賃が未だ入金されていません。いついつまでにお支払いください」とった家賃の督促状を出したり、ひどくなれば、その部屋まで行って交渉するなどのことも行ないます。(家賃保証をする会社もあるので家賃保証の契約をしている場合には、その会社の人が督促したり、回収したりしますが・・・)


このような家賃の支払いなどについては、おおよそ賃貸借契約書の中に記入されていますが、口頭で説明するだけでなく、「入居のしおり」などを作成して契約書と一緒に渡すのもいいですね。厳しい家主さんによっては遅延損害金を約定している方もいますので、充分に最初の段階で徹底させるのが得策ですね。


家賃の支払いが期限をすぎると家賃のほかに損害金が発生する・・・滞納することは損だ、なんて気持ちが入居者にあればしめたものです。


しかし、どうしても入居者の事情によって家賃の滞納や遅延が発生する場合があります。あの部屋の人は家賃を払わない=悪い人だ→早く追い出さなければ、なんて悪い方向へ悪い方向へと考えてしまいます。


そうならないためにも常日頃から入居者とのコミュニケーションをとっておくことも必要ですね。自ら管理している場合には、入居者と会った時には挨拶をするいったことも効果的です。そのようなところから会話が始まれば、その入居者からの日常の情報なども入ってくるので対処がしやすくなるのがいいですね。


物件数が多い場合には出費が増えますが、入居者用のレターを定期的に出すなどして、家賃を払わないといけないというような意識付けにも役立ちますね。
もちろん、そのレターには「滞納したらいけませんよ」というような脅しの内容にするのではなく、入居者の役に立つ情報を中心に書くのもいいですよ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。