連帯保証人と保証人の違いって? 家賃滞納@不動産投資|未回収家賃

連帯保証人と保証人の違いって?

連帯保証人と保証人の違いがるということをご存知でしょうか?保証人の前に連帯という言葉がついているか、どうかの違いなんですが大きな違いがあるんです。

保証人の場合、借主の保証人は貸主から家賃の滞納分の請求を受けた場合に、まず借主に請求してくださいということができるんですね。これを難しい言葉で「催告の抗弁権」といいます。

そして、借主の財産に足して執行するということを請求できることができるんですね。ということは借主の保証人は、貸主がまず、借主自身に請求し、借主の財産に手を出した後でないと保証人に請求できないんです。

つまり、大家さんは保証人さんに対して「入居者が家賃を滞納しているので保証人の○○さんが代わりに払ってください」と言ったところで保証人の○○さんは「まずは入居者の□□にしっかり請求してください。そして、払わない時には、□□の財産を売ってお金にして滞納にあててください」ということです。

しかし、連帯保証人はそういうわけにはいきません。滞納したら家主はすぐに連帯保証人に対して請求ができます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。