家賃滞納の催告の内容 家賃滞納@不動産投資|未回収家賃

家賃滞納の催告の内容

家賃の滞納が始まった。家賃を滞納している相手方に対して家賃の督促をしてきます。

家賃を入金するように催告しますが、その内容は、口頭でもいいですが内容証明郵便がいいですね。

なぜ内容証明郵便がいいのかというと、どのような内容の郵便物を誰が誰に対していつ差し出したか、わかるようになっている公的な書類であるからです。

この内容証明郵便は5年間郵便局で保管されることにもなっている。

そして、その内容証明郵便の内容ですが、滞納家賃を催告するものでありますよね。

では、どんな内容の催告文になるのか?

一つは、単純催告です。

滞納家賃分をいついつまでにお支払いください。とか本通知書到達後何日以内に支払ってください。

というものです。

これは、家賃を滞納しているからといって契約を解除する意志があまりなく契約の継続を前提とした催告文です。

それに対して条件付きの催告もあるんです。

それが、契約解除予告付き催告や停止条件付き契約解除通知です。

前者はいついつまでにお支払いください。支払いがない場合は契約を解除しますといって解除する場合に再度、解除通知書を相手方に出す催告文です。

後者は、支払いがない場合に解除通知書を送るまでもなく契約は解除します、というものです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。