滞納理由には色々? 家賃滞納@不動産投資|未回収家賃

滞納理由には色々?

滞納理由には様々な理由がありますね。所得が少なくなって払えない。所得はあるのにギャンブルで使い込んでしまった。異性につぎ込んでしまった、などなど。

いずれにしても貸主からすればどんな理由であれ、家賃滞納は見逃せないものですね。

この家賃滞納による契約の解除には慎重になるべきところなんですね。家賃滞納による契約解除のポイントは「信頼関係」なんですね。

この信頼関係が破壊されているかどうか、大きなポイントなんです。「昔からあいつと俺は同級生で親友なので大丈夫」と言ったところで貸主からすれば、「ちっとも払ってくれない。あいつのことだけは信用できない」となっていれば、これはもう信頼関係が崩壊したといっても過言ではないですね。

では、逆にどんなときに信頼関係が崩壊したとならないのでしょうか。

どちらかと言えば、うっかり系ですね。

引き落とし口座の入金を忘れてしまった。これはだれでもうっかりやってしまった事があるかも知れません。しかし、そのあと、しまった今日は月末で3時を回っているので入金してもその日のうちに入金確認ができない、というパターンですね。

他にも家族が病気や怪我をしたということによる一時的なお金が不足したことによる場合。これは意外にも「ダンナが入院してて・・・」というパターンで滞納することもあります。

一時的かどうかになってきますね。

どうしても家族が入院したとか言われると、同情的になるのが人情です。それはそれでいいのですが、それが3ヶ月も4ヶ月も滞納してくると・・・

人情派家主ならそれはそれで待ってあげてもいいかも知れませんね。

そのような信頼関係がどうなっているのか、ということにも注意しながら督促や契約解除をしてみてくださいね。

詳しくは、弁護士に聞くのが一番です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。